水無瀬神宮

文字サイズ

『燈心席』(重要文化財)

重文指定年月日:1926年0月19日

神門
燈心席について
説明
茅葺寄棟造(かやぶきよせむねづくり)。
御所から移築したものと言われ、一般に「灯心席(とうしんせき)」または「灯心亭(とうしんてい)」と呼ばれています。
これは、茶室の格天井(ごうてんじょう)に山吹(やまぶき)、トクサ、ヨシ、萩など十種余りの灯心 の材料とされた草木を用いていることからの名称です。昭和初期以前は「七草の席」とよばれました。

外観・内観

<< 前のページに戻る